読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生の鶏卵が書く日記

ブログタイトルは仮です

まあそれでも本屋に行くんですけどね、って話

本屋に行くといいリフレッシュになる。ちゃんと品揃えがいい本屋ね。いろんな本を見て回って、ポップを眺めて普段は買わない作家の本を買ってみたりするのが楽しい。
そういう楽しみがないからネット通販で本はあまり買わん。適当に表紙眺めて選びたいんだもん。
旅先でもよく本屋に行く。知らん土地で本を買うのは楽しい。帰りの新幹線とかの中で読む本を物色してるわけです。まあ、鞄に家から持ってきた本が入ってるんですけど。
なので本屋でくれるブックカバーやしおりが、遠い場所のものが結構ある。まあ使い回してぼろくなったら捨てるから手元に残しておくわけじゃないけれど。
旅のお土産もいつもしおりを買う。でも土産物屋にあるしおりって、柄が違うだけでたいてい同じかたちなんですよね。竹?かなんかのうすっぺらいアレにぴろぴろっとした2色のヒモがついてるアレに土地に関係する絵が描いてあるアレ。詳しくは土産物屋にでも行って確認してください。きっとあるから。
同じ大きさのものはさすがに何個もいらねーよってなるから、それだとわりと買わない。珍しいのがあると買う。

で、まあしおりの話をしたいわけではない。
最近、本屋に行っても本を選べないことが多くなって。
買いたい気持ちがあるのに買いたい本がないってのはすごく落ち込む。不完全燃焼っていうか、欲求不満っていうか。
普段自分はどうやって本を選んでいたか分からなくなる。そうなるとどつぼにはまってしまって、ますます分からなくなって頭が混乱してくる。
というのがずっと続いていて、ちょっと困っていて本屋に行くのがちょっと怖い。まあ好きな作家の作品をどさっと買ったりはしてるんだけど、それは積む前提なんで。あとでゆっくり時間があるときに、自分の積み本から選ぶのもまた楽しいので。
図書館にも行っていろいろ借りてる。すぐに選べる。
でも、今すぐ読みたい本を1冊選ぶのができない。
あ、文庫Xは面白かったです。そんな感じ?話題になってるのはさくっと読んだりするし、あとは昔読んだ本で手元にないのを改めて買ったりとかはしている。でも、しばらく冒険ができていない。冒険ってどうやるんだっけ?
自分は冒険家にはなれないだろう。
一昨年くらいは月1冊は買うようにしていた。しかも新刊、またはそれに準ずるものって縛りの中で。それで普通に買ってたんですよ。でもいま本屋に行くと駄目だなー。あとで読む本なら買えるんだけど。いや、ぐだぐだ言いながら買ってんじゃねーか、何が違うんだよって自分でも思うけど。

昔みたいなテンションで昔みたいに生活できるわけじゃないんだよな。ちゃんと年を考えてその年齢にあった楽しみや生き方を見つけろってことかな。