読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生の鶏卵が書く日記

ブログタイトルは仮です

好きなものを好きと

まあBL小説を読むのがライフワークになって7,8年たちますね。
あんま作家にもこだわらずにいろいろ読むので、今だとアンリミテッドを使ったりして、常に何かしらを読んでいる。

こだわりはないから何でも楽しんできつつ、その中でも自分が好きだと思う作品の特徴が、ここにきてやっと分かってきた気がする。
なんて言うか、分かりやすい話が好きなんだよね。キャラクターとか物語そのものとか、分かりやすいほうが読んでて楽しい。
感情の流れが分かりにくいキャラや、物語として分かりにくいものでも、きちんと読み込めば分かるんだろうなあと思いつつも、あまりに分かりにくいと読むのが大変。
何でって、だいたい全部がっつり読み込むタイプじゃないからかなー。1回読んで分かるのが好きだ。
まあ読解力の問題だよなあと思いつつも、自分にとってBL小説ってあくまでエンタメ、娯楽なんだよね。言葉は悪いけど、あんま脳みそ使わなくていい娯楽。自分の場合は漫画より小説のほうが脳みそ使わないんで。漫画って行間を読む力、表情から読み取る力を求められない? あれが難しくて、なかなか読まない。
そういう気持ちで読んでるから、分かりにくいものより分かりやすいもののほうが好きなんだよねー。
自分が理解できる範囲じゃつまらんよねって思いもあって、それで、自分にない部分を持ったキャラクターでも、自分が分かるような表現で描写されているのは、すげえよなあと、ただひたすら感心する。
あとは内容もそう。自分が未知の分野について、説明描写が多いとやっぱ内容がなかなか頭に入ってこない。
しかしそれを楽しく読ませる作品って力量を感じて好きだ。
分かる話ってのは、つまり分かるように描写してあるってことだと思ってる。
何度も読むことで味が分かる話なんだろうなと思う話もある。でも、自分としては娯楽だから、やっぱ1回で分かるものに高い評価を付けがち。あと、何度も読むにしても、やはりどこか面白い、気になると思う引っかかりがないと何度も読まんよね。
まあ全部、自分の脳みそレベルが低いって話になるわけだがな。

人の感想はほぼ仕入れん。自分が面白ければいい。
でも、アンリミテッドなんかを使うと、どうしても目に入ってくるし、☆評価も目に入る。
そうすると、自分の評価と真逆なことが多くて、あれ? となることが多い。
なんでこれこんな評価低いの? 面白かったじゃん? と思うものもあれば、逆もまた然り。
いっそのこと、評価を非表示にできないもんか。自分が面白いと思ったものに低い評価を付けられていると結構かなしい。