生の鶏卵が書く日記

夢はおいしい卵かけご飯になることです

そこからは小さく見えたあなただけが優しく手を振る

さようならライブドワンゴリーダー。

移転先を探していたが、結局、どこにも移転しないことに決めた。
思えばライブドワンゴとも紆余曲折あった。
Googleリーダーが亡くなる際、英語が苦手すぎるせいでどうしても日本語リーダーが良かった私は、ライブドアリーダーへと引っ越ししたのだった。
貴重な国産RSSリーダーとして毎日愛用する日々だったが、すぐに一度目の別れ話が。
救ってくれたのはドワンゴだった。

RSSリーダーというのはもう、オワコンなのだろうか。
ブログという文化は昔ほど栄えてはいないかもしれない。しかしやはり、SNSではブログの代わりにならない。また、noteなどのサービスも。
私はやはり、ブログが好きだ。何だかんだと、SNSはコミュニケーションの場だ。その場で鍵を掛け、ひとりでブツブツ言っているのが自分なわけだが、まあ、プラットフォームが、そうなっている。
好きなのはやはり、ブログ。月単位、カテゴリ単位。ある程度まとまった文も、短い文も、使い方次第。実に読みやすいじゃないか。
ブログは読むのも書くのも好きなので、RSSリーダーを愛用してきた。RSSリーダーがある生活が、もう10年は続いていた。

去年の暮れ、情報過多が嫌になり、SNSのリスト管理をやめた。
それまで、フォローするまでもない人(主にヲチ目的)はすべてリストに放り込んで眺めていた。じょじょに、その数が多くなってきた。
多くなってくると、色々な意見が目に入る。
他者の意見を聞くことは大事かもしれないが、自分の意見が固まる前に、他者の意見に流されてしまう。それが嫌だった。
久しぶりにアニメにどっぷりハマったのもタイミングとしてある。
例えばアニメなんかを見ても、自分の中で咀嚼しおわる前に、人の感想が目に入る。フォロワーやリストだけでなく、そのなかでRTで回ってくる、知らない人の意見。
それが嫌になって、結局公式アカウントだけを残して、リスト管理はやめた。
フォロワーは元から少ない。その中だけで完結するのが、自分にとっては処理しきれる人数だった。

同じタイミングで、RSSリーダーでの購読ブログも、ずいぶんとダイエットした。
そこで、購読していても更新し続けるアカウントがかなり減っていることに気付かされた。
RSSで購読していたのも、ヲチ目的が多かったので、そういうのはやめよう、と。
それでやはり公式と少しの個人を残して、ばっさり切り捨てて、フォルダも減らした。

ライブドワンゴリーダーが亡くなる今、その中でどれだけ必要なものがあるだろうか。
考えた結果、たぶんどれも必要がない。
ヲチを続けていると、自分がどんどん嫌な人間になっていく。
多分、自分は駄目なRSSリーダーの使い方をしていたのだと思う。
そういうものを昨年末に切り捨てて、あとは惰性で毎日使っていた。いや、確かにまあ便利なんだけど。

情報が埋もれてしまうSNSは、RSSリーダーの代わりにはなり得ないと思う。
RSSリーダーには、なくならないで欲しい。
それでも、自分の生き方や、情報を求めるペースは、過去とは変わった。
昔ほど、情報にこだわらなくなった。人にもこだわらなくなった。
昔の私は、このままライブドワンゴと一緒に消えることにした。
過去の自分にさよならと手を振ろう。
今までどうもありがとう。